第191回マルチメディア通信と分散処理・第103回モバイルコンピューティングと新社会システム・第89回高度交通システムとスマートコミュニティ合同研究発表会

第104回モバイルコンピューティングと新社会システム・第75回ユビキタスコンピューティングシステム・第35回コンシューマ・デバイス&システム・第24回高齢社会デザイン合同研究発表会

お知らせ

MBL研究会、UBI研究会、CDS研究会、ASD研究会の4研究会合同の発表会を開催します。
つきましては2022年9月5日(月)~6日(火)の発表を募集いたします。
皆様からの多数のご投稿をお待ちしております。

日時

2022年9月5日(月)~6日(火)

会場

ハイブリッド形式での開催
・現地   :青山学院大学相模原キャンパス
・オンライン:Zoom形式

会場に関する特記事項

※コロナウイルス感染拡大の状況によっては、オンライン開催となる場合があります。
※発表者もオンラインと現地どちらも選んでいただけます。

申し込み〆切

2022年7月1日(金) 23:59

原稿〆切

2022年8月8日(月) 23:59

原稿〆切に関する特記事項

※23時59分を過ぎるとシステムに投稿できなくなります。
※締切までに提出が無い場合は自動的に発表キャンセルとなり、締切後の提出は一切受け付けませんのでご注意ください。
※原稿締切以降の差し替え及び取り下げは一切受け付けませんのでご注意ください。

原稿ページ数

最大8ページ程度

発表申込

MBL研究会発表申込みはこちら
UBI研究会発表申込みはこちら
CDS研究会発表申込みはこちら
    ※ 以下の★CDS研究会発表申し込みの方へを必ずお読みください。
ASD研究会発表申込みはこちら
・原稿の送付も同じシステムで行います。
・原稿フォーマットについては情報処理学会の下記URLを参照してください。
   https://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/genko.html

発表申込の際のお願い

1)発表者が学生(社会人学生を除く)の場合、【研究会への連絡事項】に「学生」と記入してください。
2)CDS研究会発表申し込みの方で、CDSトランザクションへの推薦を希望される場合、発表申込時、【研究会への連絡事項】に、”○CDSトランザクションへの推薦:希望する”と必ずご記入ください。推薦を希望された方には、研究発表会終了後、トランザクション推薦に関する案内をお送り致します。

CDS研究会発表申し込みの方へ

CDSトランザクションへの推薦を希望される場合、発表申込時、【研究会への連絡事項】に、”○CDSトランザクションへの推薦:希望する”と必ずご記入くださ い。推薦を希望された方には、研究発表会終了後、トランザクション推薦に関する案内をお送り致します。情報処理学会論文誌:コンシューマ・デバイス&システムについて
原稿ページ数:
1) 原稿仕上がり枚数は:8ページ程度とします。
2) トランザクションへの推薦を希望される場合:6ページ以上を必須とします。
https://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/genko.html
備考:
1) 研究会の発表においては、少なくとも筆者の1人がCDS発表会までに、CDS研究会に登録しているか又は登録申込している必要があります。ジュニア会員の発表の場合、教員が共著者に含まれる場合は、教員のCDS登録が必須となります。
2) トランザクション掲載論文においては、最終原稿の入稿時点で第一著者がCDS研究会に研究会登録(※)している必要があります。但し、第一著者が情報処理学会のジュニア会員である場合、他にジュニア会員以外の共著者がいる場合はそのうち一名以上がCDS研究会に研究会登録が必須となります。ジュニア会員の単著またはジュニア会員だけによる共著の論文の場合には、CDS研究会への研究会登録を要件としません。
※情報処理学会の名誉会員、正会員、学生会員または非会員の準登録個人としてCDS研究会に研究会登録している必要があります。

お問い合わせ先

MBL:廣森聡仁 (mbl-104[@]mbl.ipsj.or.jp)
UBI:伊藤 禎宣 (sadanori.ito[@]nict.go.jp) 尾原和也 (kazuya.ohara.hm[@]hco.ntt.co.jp)
CDS:城ケ崎 寛、片桐 雅二 (cds-contact[@]sig-cds.net)
ASD:山田和範 (yamada.kazunori[@]jp.panasonic.com) 鏑木崇史 (kabutakashi[@]icu.ac.jp) 浜田百合 (hamada[@]ise.aoyama.ac.jp)
※ [@]→@と置き換えてください。

申込に関する特記事項

研究報告の完全オンライン化に伴い、研究発表当日の資料は、開催の1週間前に情報処理学会電子図書館に掲載されます。そのため、研究報告に掲載される論文の公知日は、研究発表会の開催日初日の1週間前となります。特許申請の扱い等の際にはご注意ください。詳細については 研究会活動のオンライン化と研究報告のオンライン出版(印刷物の廃止)についてをご参照ください。
ここで収集した申し込み情報は、第104回モバイルコンピューティングと新社会システム・第75回ユビキタスコンピューティングシステム・第35回コンシューマ・デバイス&システム・第24回高齢社会デザイン合同研究発表会 の管理運営のためにのみ用い、ご本人の了承なしに第三者に開示・提供することはございません。

その他特記事項

ポスターセッションの開催も検討しております。詳細決まり次第、情報を公開しますのでご確認ください。
 目的   :ディスカッション、技術交流
 条件案 :ページ数制限なし。※口頭発表者が同時にポスター発表を行うことも可。
 開催方法:ポスターの掲示、プロジェクタやノートパソコンによる表示、等