新着情報研究会優秀発表優秀論文委員
メーリングリストに登録する
研究会
第98回研究発表会
開催期間2021年3月1日〜2日
開催場所オンライン

第 98 回研究発表会

日時

2021 年 3 月 1 日(月)〜3 月 2 日(火)

会場

オンライン開催

テーマ

モバイルコンピューティング,一般

共催,連催等

  • 共催
    • UBI 研究会
  • 連催
    • 電子情報通信学会 SeMI 研究会

特記事項

発表申し込みの際,論文タイトル・概要・著者リストに加えて,発表形態として一般発表またはポスター発表のいずれかを Web フォーム下部の【研究会への連絡事項】欄で選択下さい.

また,発表者が学生(社会人学生を除く)の場合,【研究会への連絡事項】に「学生」と記入してください.

参加費についてはこちらをご覧下さい.

申込方法

  • 発表申込締切: 2021 年 1 月 6 日(水)23:59
    • 23 時 59 分を過ぎるとシステムに投稿できなくなります.
    • 締切に遅れると発表キャンセルとなりますのでご注意ください.
    • お早目にご投稿いただきますようお願い致します.
  • 下記 Web ページよりお申し込みください.
    • MBL 研究会発表申込みはこちら.
  • (お断り) 例年多数のお申込をいただきありがとうございます.プログラム編成の都合上,申込多数の場合には申込締切日を切り上げ,あるいはお申込をお断りさせていただくことがございます.

原稿締切

  • 原稿提出締切: 1 月 27 日(水)23:59
    • 23 時 59 分を過ぎるとシステムに投稿できなくなります.
    • 締切に遅れると発表キャンセルとなりますのでご注意ください.
    • お早目にご投稿いただきますようお願い致します.
  • 原稿仕上がり枚数は,原則として最大 8 ページ,6 ページ以上が望ましいとさせて頂きます.ポスターセッション単体で申し込まれる方については,最大 2 ページとさせて頂きます。
  • 原稿提出締切の延長は一切できませんのでご了承ください. (締切後は原稿の差替え/取下げもできません)

その他特記事項

  • 研究報告の完全オンライン化に伴い,研究発表当日の資料は,開催の 1 週間前に情報処理学会電子図書館に掲載されます.そのため,研究報告に掲載される論文の公知日は,研究発表会の開催日初日の 1 週間前となります.特許申請の扱い等の際にはご注意ください.詳細については研究会活動のオンライン化と研究報告のオンライン出版(印刷物の廃止)についてをご参照ください.
  • ここで収集した申し込み情報は,第 98 回 MBL 研究会の管理運営のためにのみ用い,ご本人の了承なしに第三者に開示・提供することはございません.
  • MBL 研究会発表申し込みの方へ
    • 発表をお申し込みの方は自動的に MBL メーリングリスト(ML)に登録されます.
    • 登録された方には,MBL 研究会の活動や MBL に関連する情報が電子メールで配布されます. 登録を希望しない場合には,申し込みページの【研究会への連絡事項】に「MBL メーリングリスト(ML)を希望しない」旨を記載してください.
    • モバイルコンピューティングの研究に関して,技術の進展に寄与した研究内容を表彰します. なお,表彰対象者は発表時に情報処理学会会員の方に限ります.

お問い合わせ

  • MBL 研究会: 第 98 回 MBL 研究会担当幹事(mbl98[at]mbl.ipsj.or.jp)
    • [at]を@と置き換えて下さい.

プログラム

一般講演:発表 20 分 + 質疑応答 5 分

3 月 1 日(月) 午前 UBI-1 (10:00〜11:40)

  1. 10:00 - 10:25
    • 深層学習に基づくバス車内混雑の分析に関する研究
    • 黄文浩・柘植晃・陳寅・大越匡・中澤仁(慶大)
  2. 10:25 - 10:50
    • PDR のオフィスビル向け改良方式の提案
    • ○ 岡里篤(三菱電機株式会社)・西尾信彦(立命館大)
  3. 10:50 - 11:15
    • イレギュラー動作推定の PDR への適用
    • ○ 池内雄一(立命館大)・岡里篤(三菱電気株式会社)・西尾信彦(立命館大)
  4. 11:15 - 11:40
    • 時間・空間的相関を考慮した人流の時系列予測手法
    • ○ 挺屋友幹・青木俊介・米澤拓郎・河口信夫(名大)

3 月 1 日(月) 午前 SeMI 1 (10:00〜11:40)

  1. SeMI 10:00 - 10:25
    • 加速度センサを用いたアーチェリーにおける行射検出
    • ○ 小笠原隆行(NTT)・深町花子(JSPO)・青柳健隆(関東学院大)・熊野史朗・都甲浩芳(NTT)・岡 浩一朗(早大)
  2. SeMI 10:25 - 10:50
    • 加速度センサを用いた LSTM に基づく転倒検知
    • ○ 魚谷義也・葉 臣・山本幸平・大槻知明(慶大)
  3. SeMI 10:50 - 11:15
    • An Experimental Study on Gas-Liquid Two-Phase Flow-Pattern Classification in Gas Wells Using Machine Learning Techniques
    • ○Meshal Almashan・Yoshiaki Narusue・Hiroyuki Morikawa(UTokyo)
  4. SeMI 11:15 - 11:40
    • トマトの収穫時期予測に関する検討
    • ○ 皆川大地・金 帝演(鶴岡高専)

−−−  休憩 ( 80 分 )  −−−

3 月 1 日(月) 午後 UBI 特別セッション (13:00〜15:00)

  1. 13:00 - 15:00
    • IoT や AI テクノロジーの産学イノベーション経験談
    • 川原圭博 (東京大学インクルーシブ工学連携研究機構長・大学院工学系研究科教授)
    • 相馬功(九州工業大学イノベーション推進機構特任教授・長野県工業技術総合センター IoT 事業化プロデューサー)
    • 井上創造(九州工業大学大学院生命体工学研究科教授・合同会社 AUTOCARE CTO) 他、打診中

IoT や AI を活用した研究が盛んで、またその分野の産学イノベーションが叫ばれて久しいですが、実際にこの両方を体験した人の話を聞く機会は少ないのではないのでしょうか。 このパネルディスカッションでは、過去に JST ERATO や文科省地域イノベーションエコシステムといった大型プロジェクトに携わり、研究と実用化の両方を体験したスピーカーから、研究と産学イノベーションの成功談失敗談を話してもらいます。 また、我こそは何かしゃべりたい!という方も、遠慮なくご連絡ください(UBI プログラム委員 新井:ismail[at]itc.naist.jp)。

申し込みはこちらから(合同研究会に参加される方は申し込みの必要はありません):

−−−  休憩 ( 15 分 )  −−−

3 月 1 日(月) 午後 UBI-2 (15:15〜16:30)

  1. 15:15 - 15:40
    • 手首装着型デバイス向け無線電力伝送用コイルのシミュレーション評価
    • 奥田崇礼・宇野葵・宮路祐一・大村廉(豊橋技科大)
  2. 15:40 - 16:05
    • ベイズ最適化と蒸留を用いた最適な圧縮モデル探索方法の提案
    • ○ 別宮広朗・小澤遼・大越匡・中澤仁(慶大)
  3. 16:05 - 16:30
    • 精度, 推論速度及び消費電力の制御によるニューラルネットワークの自動構築化手法
    • ○ 小澤遼・大越匡・柘植晃・中澤仁(慶大)

3 月 1 日(月) 午後 MBL-1 (15:15〜16:30)

  1. 15:15 - 15:40
    • 主幹電力データに基づく家庭内行動推定におけるモデル選択手法
    • 石津紘太朗・水本旭洋・山口弘純(阪大)・安本慶一(奈良先端大)・東野輝夫(阪大)
  2. 15:40 - 16:05
    • 環境発電アナログ PIR センサの分散処理による無電源実時間宅内行動認識システム
    • ○ 三崎慎也・Stirapongsasuti Sopicha・松井智一・諏訪博彦・安本慶一(奈良先端大)
  3. 16:05 - 16:30
    • メンタルヘルスケアに向けたスマートフォンログデータによる QOL 及び Well-being の推定
    • ○ 姚文昊・上西康平(東大)・山本直樹・濱谷尚志・山田祐樹・河田隆弘・檜山聡(株式会社 NTT ドコモ)・沖村宰・寺澤悠理・前田貴記(慶大)・太田順(東大)

3 月 2 日(火) 午前 SeMI 2 (10:00〜11:40)

  1. SeMI 10:00 - 10:25
    • 画像認識精度に基づいた再送制御による無線エッジコンピューティングにおけるトラヒック削減手法
    • ○ 中原睦貴・久野大介(阪大)・西村真衣・牛久祥孝(オムロン サイニックエックス)・丸田一輝(東工大)・中山 悠(東京農工大)
  2. SeMI 10:25 - 10:50
    • A Study on Disaster Evacuation Support Solution using Locally Accessible Cloud System
    • ○Babatunde Ojetunde・Rui Teng・Masanobu Meguri・Toshikazu Sakano・Yoshinori Suzuki(ATR)
  3. SeMI 10:50 - 11:15
    • リンク品質を考慮した位置予測型 V2V ルーティングの提案
    • ○ 西岡正裕・原山美知子(岐阜大)
  4. SeMI 11:15 - 11:40
    • 土砂災害前兆現象検知のための LPWA を用いたセンサシステムにおける送信スケジュール手法の一検討
    • ○ 出原 聡・小林 真・新 浩一・西 正博(広島市大)

−−−  休憩 ( 80 分 )  −−−

3 月 2 日(火) 午後 UBI-3 (13:00〜14:15)

  1. 13:00 - 13:25
    • ドライブレコーダーを活用した思い出ムービー自動編集システム
    • ○ 尾頭花奈・椎尾一郎(お茶の水女子大学)
  2. 13:25 - 13:50
    • ADLogger: 日常生活動作の為のタスク別時間記録システム
    • ○ 助川友理・羽柴彩月・大越匡・中澤仁(慶大)
  3. 13:50 - 14:15
    • 動作模倣システムを用いた開缶動作再現による他者感性・感覚の伝達効果の検討
    • ○ 山上潤・榎堀優・吉田直人・間瀬健二(名大)

−−−  休憩 ( 15 分 )  −−−

3 月 2 日(火) 午後 ポスターセッション (14:30〜15:30)

  1. SeMI 14:30 - 15:30
    • [ポスター講演]スパースモデリングによる無線チャネル同定
    • ○ 武山尚生・三次 仁(慶大)
  2. SeMI 14:30 - 15:30
    • [ポスター講演]VR 空間内で Trail Making Test を実現する注意機能測定アプリケーションの提案と評価
    • ○ 中村弓夏・菅野正嗣・中岡和代・内藤泰男(阪府大)
  3. SeMI 14:30 - 15:30
    • [ポスター講演]Wi-Fi CSI を用いたイメージングに関する基礎検討
    • ○ 大河原一輝(阪大)・内山 彰(阪大/JST さきがけ)・エルデーイ ヴィクトル(阪大)・村上友規・アベセカラ ヒランタ(NTT)・東野輝夫(阪大)
  4. SeMI 14:30 - 15:30
    • [ポスター講演]VR を用いた視空間認知機能改善のためのお絵描きアプリの提案
    • ○ 山本純佳・菅野正嗣・中岡和代・内藤泰男(阪府大)
  5. 14:30 - 15:30
    • 深層学習を用いた熱画像における新生児の身体部位検出法の検討
    • ○ 別府文香・吉川寛樹・内山彰・東野輝夫(阪大)・濱田啓介・平川英司(長崎みなとメディカルセンター)
  6. 14:30 - 15:30
    • Node-RED を活用した地下作業員向けの安全統合管理システム
    • ○ 中村快・野口大輝・岩井将行(東京電機大)

−−−  休憩 ( 15 分 )  −−−

3 月 2 日(火) 午後 MBL-2 (15:45〜17:00)

  1. 15:45 - 16:10
    • SD-RoF ネットワークの設計と実装
    • ○ 相浦一樹・石岡卓将(阪大)・椎名亮太・福井達也・谷口友宏・成川聖・南勝也(NTT)・木崎一廣・藤橋卓也・渡辺尚・猿渡俊介(阪大)
  2. 16:10 - 16:35
    • スマートフォンと密封袋を用いた心臓マッサージ練習アプリケーション
    • ○ 水草創斗・梶克彦(愛工大)
  3. 16:35 - 17:00
    • インソール型デバイスによる路面状況推定手法の冬季環境への適用
    • ○ 若林勇汰(はこだて未来大)・白石陽(はこだて未来大)
年別
2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996