新着情報研究会優秀発表優秀論文委員
メーリングリストに登録する
研究会
第87回研究発表会
開催期間2018年5月24日〜25日
開催場所イーフ情報プラザ

第 87 回研究発表会

日時

2018 年 5 月 24 日(木)〜5 月 25 日(金)

会場

テーマ

モバイルコンピューティング,一般

共催,連催等

  • 共催
    • DPS 研究会
    • ITS 研究会
  • 連催
    • MoNA 研究会

特記事項

懇親会を下記の予定で行います.

  • 日時: 5 月 24 日 (木) 18:30-21:00 (時間帯は予定)
  • 場所: イーフビーチホテル (研究会会場から徒歩 7 分ほど)
  • 会費: 社会人 5,000 円,学生 4,000 円

懇親会にご出席の方はこちらからお申し込みをお願いいたします.

締切: 4 月 24 日 (火)

  • 会場手配の都合上,かなり早めに締切を設定しております.
  • 締切後も人数変更にはある程度対応可能ですので,どうしても変更が必要な場合は下記 MBL 担当者までご連絡ください.

申込方法

  • 発表申込締切: 2018 年 3 月 15 日 (木) 23:59
    • 23 時 59 分を過ぎるとシステムに投稿できなくなります.
    • 締切に遅れると発表キャンセルとなりますのでご注意ください.
    • お早目にご投稿いただきますようお願い致します.
  • 下記 Web ページよりお申し込みください.

原稿締切

  • 原稿提出締切 (IPSJ): 2018 年 4 月 17 日(火) 23:59
  • 原稿仕上がり枚数は,原則として最大 8 ページ,6 ページ以上が望ましいとさせて頂きます.
  • 原稿提出締切の延長は一切できませんのでご了承ください. (締切後は原稿の差替え/取下げもできません)

その他特記事項

  • 連催: 電子情報通信学会-MoNA 研究会
    • 発表申し込みはこちら
    • MoNA 担当者: mona-sec[at]mail.ieice.org
      • ※[at]は@に置き換えてください.

5 月研究会は離島開催となるため,航空券・ホテルの手配を早めに行っていただくことを例年推奨しております.

お問い合わせ

  • MBL 担当者: mbl-87[at]ishilab.net
  • DPS 担当者: dps175[at]ipsjdps.org
  • ITS 担当者: its73[at]f.ait.kyushu-u.ac.jp
    • [at]を@と置き換えて下さい.

プログラム

【5 月 24 日 (木)】

9:00-10:40 セッション 1 センシング 1

  1. 無線 LAN におけるプローブ要求を用いた混雑度推定
    • ○ 中田 恵史,岡本 東,堀川 三好 (岩手県立大)
  2. BLE を用いたカメラに映る人物の同定手法の提案
    • ○ 星 尚志,伊藤 義浩,石川 雄一,南川 敦宣 (KDDI 総合研究所)
  3. 携帯電話通信履歴を用いた地下鉄乗車路線推定手法の提案
    • ○ 石塚 宏紀,黒川 茂莉,小林 亜令 (KDDI 総合研究所)
  4. 角速度と磁気センサを単独で用いたステップ認識手法
    • ○ 磯村 奎介,梶 克彦 (愛知工大)
  5. スマートフォンの回転検知センサを用いたユーザの屋内階段昇降階数推定
    • 翁 健太,○ 森野 博章 (芝浦工大)

10:55-12:35 セッション 2 位置・センシング

  1. 車いすバスケットボールにおける 9 軸センサを用いた選手位置推定の検討
    • ○ 長谷川 凌佑,内山 彰,東野 輝夫 (大阪大)
  2. Localization of IoT devices for Energy Management System
    • ○Nathavuth Kitbutrawat,Shugo Kajita,Hirozumi Yamaguchi,Teruo Higashino (Osaka University)
  3. Bluetooth Low Energy ビーコンによる屋内測位のための測距精度向上
    • ○ 岡本 東,堀川 三好 (岩手県立大)
  4. 深層学習を用いた位置依存性の高いモバイルアプリ抽出手法
    • ○ 落合 桂一,ファティナ プテリ,深澤 佑介 (NTT ドコモ)
  5. 音響車両検出システムの風影響下における精度向上に関する検討
    • ○ 内野 雅人,石田 繁巳,梶村 順平 (九大),田頭 茂明 (関西大),福田 晃 (九大)

13:45-15:25 セッション 3 測位・位置依存

  1. RTK-GNSS における未来の測位精度予測のための指標の設計と評価
    • ○ 仲秋 喬介,Tiphat Areeyapinun,太田 拓伸,木谷 友哉 (静岡大)
  2. VANET におけるアクセス性を考慮した特定地点での交通情報収集・提供手法の検討
    • ○ 宮﨑 稔也,峪口 雄太,重野 寛 (慶應大),屋代 智之 (千葉工大)
  3. 道路ネットワークの二色逆最近傍探索におけるオブジェクトの探索時間短縮手法の提案
    • ○ 福間 健太,後藤 佑介 (岡山大)
  4. IR-UWB を用いた自己組織化ノード位置推定方式のシミュレーション評価
    • ○ 森 流星,北之馬 貴正,新居 英志,安達 直世,滝沢 泰久 (関西大)
  5. SmartFinder:集約型自己組織化スマートデバイス位置推定方式のノード間メトリックを用いた拡張とその実装
    • ○ 北之馬 貴正,新居 英志,森 流星,安達 直世,滝沢 泰久 (関西大)

15:40-17:40 セッション 4 モバイルネットワーク,クラウドコンピューティング

  1. サービスの停止時間を短縮するプログラム実行環境のプリコピー移送手法
    • ○ 黒木 勇作,大西 史洋,横山 和俊 (高知工科大),谷口 秀夫 (岡山大)
  2. 移動センシングクラスタにおける群構成に関する考察
    • ○ 新居 英志,北之馬 貴正,安達 直世,四方 博之,滝沢 泰久 (関西大)
  3. モバイルアドホックネットワークにおけるノード使用度に注目したトラストモデルの検討
    • ○ 浅井 菜々香,五箇 奏乃子,重野 寛 (慶應大)
  4. モバイルネットワーク特徴量を用いた Contextual Bandit Algorithm
    • ○ 出水 宰 (社 NTT ドコモ),Ruben Manzano,Sergio Gomez (DOCOMO Digital Limited),深澤 佑介 (NTT ドコモ)
  5. BLE 通信を用いるスマートフォン OS 用マルチホップ通信技術の提案
    • ○ 吉崎 徹,内藤 克浩 (愛知工大)
  6. BLE 通信技術を利用するバーチャル伝言板システムの提案
    • ○ 山田 悠生,内藤 克浩 (愛知工大)

【5 月 25 日 (金)】

9:00-10:40 セッション 5 通信制御・通信方式 1

  1. 放送通信融合環境におけるユーザの視聴契機を考慮した再生中断時間短縮手法の提案
    • ○ 高原 颯人,後藤 佑介 (岡山大)
  2. 深度画像を用いた深層強化学習によるミリ波通信のトラヒック制御の検討
    • ○ 三熊 智哉,西尾 理志,守倉 正博 (京大),淺井 裕介,宮武 遼 (NTT)
  3. 共通イベント観測に基づくセンサノード群の時計合わせ手法
    • ○ 荒尾 彩子,桧垣 博章 (東京電機大)
  4. フレーム間対応点の移動方向を利用した動画像とセンサデータの同期手法の検討
    • ○ 石渡 要介 (三菱電機/静岡大),谷本 昌彦,虻川 雅浩 (三菱電機),峰野 博史 (静岡大)
  5. センシングシステムにおける内挿の信頼度を用いたセンサーノードの配置決定
    • ○ 中村 裕一,伊藤 昌毅,瀬崎 薫 (東大)

10:55-12:35 セッション 6 交通・安全

  1. 空間統計データを用いた車両走行推定方式の一提案
    • ○ 齋藤 正史,波多野 太樹 (金沢工大),清原 良三 (神奈川工科大)
  2. 自動車のコンテキストを活用した状態遷移に関する検討と危険度
    • ○ 酒井 寛崇,千明 優喜,清原 良三 (神奈川工科大)
  3. 倒立振子型 PMV のハンドル操作及び走行軌跡からの利用者の操縦特徴抽出
    • ○ 安藤 隆史,木谷 友哉 (静岡大)
  4. 自動二輪車向け交通流への影響を考慮した出会いがしら事故の低減手法
    • ○ 原 圭範,清原 良三 (神奈川工科大)
  5. 通行人接近検知による注意喚起システムの構築と評価
    • ○ 山田 将人 (NTT ドコモ),山田 尚志 (ドコモ・テクノロジ),神山 剛,深澤 佑介 (NTT ドコモ)

13:45-15:25 セッション 7 センシング 2

  1. 脳波を用いた認知負荷推定における被験者間汎化性能の調査
    • ○ 諏訪部 開 (奈良先端大),荒川 豊 (奈良先端大/JST さきがけ),安本 慶一 (奈良先端大)
  2. 生体情報を教師データとしたスマートフォンログを用いたストレス状態推定
    • ○ 山本 直樹,落合 桂一,稲垣 章弥,深澤 佑介,木本 勝敏 (NTT ドコモ),霧生 和樹,上西 康平,太田 順 (東大),沖村 宰,寺澤 悠理,前田 貴記 (慶應大)
  3. 加速度センサとモーションキャプチャを用いた通信端末とカメラ映像上のユーザのマッピング
    • ○ 小園 涼太,西尾 理志,守倉 正博 (京大),槙 優一,松川 尚司,合田 卓矢,犬童 拓也 (NTT)
  4. 環境発電素子の発電量に基づくコンテキスト認識手法の提案
    • ○ 梅津 𠮷雅 (奈良先端大),中村 優吾 (奈良先端大/JSPS 特別研究員),荒川 豊 (奈良先端大/JST さきがけ),藤本 まなと,諏訪 博彦,安本 慶一 (奈良先端大)
  1. ワンウェイカーシェアリングユーザの利用行動分析 千住 琴音,○ 諏訪 博彦,水本 旭洋 (奈良先端大),荒川 豊 (奈良先端大/JST さきがけ),安本 慶一 (奈良先端大)

15:40-17:20 セッション 8 通信制御・通信方式 2

  1. Software-Defined Network for Smart City
    • ○Tetsuro Ueda,Akira Idoue,Eiji Utsunomiya (KDDI Research)
  2. セキュア IoT サービスに向けた人と機械の信頼関係構築フレームワークの基本構想
    • ○ 菅沼 拓夫 (東北大),安本 慶一 (奈良先端大),加藤 由花 (東京女子大)
  3. vAS: インターネット環境におけるスケーラブルで柔軟なトラフィック・エンジニアリング機構
    • ○ 近藤 賢郎,寺岡 文男 (慶應大)
  4. 5GS における複数 U-Plane 接続を活用した動的なネットワークスライス制御の評価
    • ○ 下城 拓也,勝間田 優樹,山田 曉,岩科 滋 (NTT ドコモ)
  5. 高負荷時の 5GS における信号数を考慮した non-GBR トラヒック向け QoS フロー制御手法
    • ○ 勝間田 優樹,下城 拓也,山田 曉,岩科 滋 (NTT ドコモ)
年別
2022
2021
2020
2019
2018
2017
2016
2015
2014
2013
2012
2011
2010
2009
2008
2007
2006
2005
2004
2003
2002
2001
2000
1999
1998
1997
1996